野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

投手・大谷の1年目は「5勝8敗」 米記者が予想「来年20勝投手になればいい」

エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目のスプリングキャンプを終えた。29日(日本時間30日)に開幕戦の敵地アスレチックス戦が控える中、調整期間では投打ともに苦しんできた二刀流。米メディアからは、じっくり調整を行い、適応するためにマイナーリーグで開幕を迎えるべきという声も出ている。果たして、ルーキーシーズンでどんな成績を残すのか――。大谷に2度、単独インタビューした経験を持つアメリカ人記者に、まずは「投手・大谷」の今季展望を聞いてみた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

キャンプでは投打で苦しんだ二刀流「まだ修正の余地は多そう」

 エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目のスプリングキャンプを終えた。29日(日本時間30日)に開幕戦の敵地アスレチックス戦が控える中、調整期間では投打ともに苦しんできた二刀流。米メディアからは、じっくり調整を行い、適応するためにマイナーリーグで開幕を迎えるべきという声も出ている。果たして、ルーキーシーズンでどんな成績を残すのか――。大谷に2度、単独インタビューした経験を持つアメリカ人記者に、まずは「投手・大谷」の今季展望を聞いてみた。

「オオタニの試合はこのスプリングトレーニングで多く見させてもらった。彼の状態は問題なさそうだが、投手として、まず特定の球種に関して問題を抱えているように見える。リリースポイント、ロケーション(制球)……。まだ修正の余地は多そうだ」

 こう語ったのは、バリー・ブルーム記者だ。昨季までMLB公式サイトの記者を務め、大谷が日本ハム時代にはピオリアキャンプ中に単独インタビューを2度していたが、今季からは米経済誌「フォーブス」のコラムニストに転身。大谷が登板した24日(同25日)のキャンプ最終日のマイナー紅白戦でもバックネット裏から鋭い視線を送っていた。

「ファストボール(速球)の球速はOKに見えるが、噂されていたような高い制球を見せることは現時点でできていない。それが原因で、球数がどうしても多くなって不利になってしまう。試合終盤に進むにつれて、制球も球速も上がっていた。メカニックや制球の問題を乗り越えれば、彼は問題ないと思うが……」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」