野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

昨季球団ワースト87敗でどん底を見たロッテ 井口新監督のチーム再建に注目

ロッテの2018シーズンは、3月30日に本拠地・ZOZOマリンスタジアムで開幕する。対戦相手は昨季3位の楽天だ。井口資仁新監督の下で戦う新シーズン、どん底を味わったチームにとっては、巻き返しを期す重要な1年となる。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

昨季は球団ワーストの87敗を喫し最下位に

 ロッテの2018シーズンは、3月30日に本拠地・ZOZOマリンスタジアムで開幕する。対戦相手は昨季3位の楽天だ。井口資仁新監督の下で戦う新シーズン、どん底を味わったチームにとっては、巻き返しを期す重要な1年となる。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2015年、2016年と2年連続で3位に入り、今年こそはリーグ制覇を……という意気込みをかけて挑んだ昨シーズン。しかし、チームは序盤から大不振にあえぎ、最下位から抜け出すことすらできない深刻な事態に陥ってしまう。

 最終的に喫したシーズン87敗は球団史上ワーストで、5年間でチームを3度のAクラスに導いた伊東勤前監督はオフに退任。精神的支柱の井口もシーズン半ばに引退を表明し、新監督への就任が決定。ひとつのサイクルが完全に終わりを告げるシーズンになった。

 チーム打率が.233、チーム防御率が4.22。投打の指標となる数字がどちらも12球団最下位だったのだから、最終的な順位も納得のいくところかもしれない。チーム防御率が4点台を上回ったのも、チーム本塁打が3桁に乗らなかったのもパ・リーグではロッテのみ。新シーズンに向かうにあたっての課題は山積みだ。

 ただ、2018年に向けて明るい要素も決して少なくはない。二木康太が前年に続いて7勝を挙げただけでなく、内容を大幅に改善させて規定投球回に到達。9月以降は防御率1点台の快投を見せた佐々木千隼や、終盤に先発ローテーションへ加わって5勝を挙げた酒居知史といった、昨年のドラフト上位組も期待が持てる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」