野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“ハマのクローザー”山崎康晃が明かす笑顔のワケ「いつまでも野球少年で」

プロ入り4年のシーズンを迎えるDeNA・山崎康晃投手。ルーキーイヤーから守護神を襲名し、史上初の入団1年目から3年連続20セーブ超えを果たすなど、着実に成績を積み上げてきた。デビューから3年で早くも通算96セーブ。100セーブの節目まで4セーブと迫る25歳右腕の存在は誰もが知るところとなり、今では野球日本代表「侍ジャパン」でも9回のマウンドを任されるようになった。

DeNA・山崎康晃【写真:荒川祐史】
DeNA・山崎康晃【写真:荒川祐史】

失敗も含めて今の自分がある…25歳右腕が語る4年目への思い

 プロ入り4年のシーズンを迎えるDeNA・山崎康晃投手。ルーキーイヤーから守護神を襲名し、史上初の入団1年目から3年連続20セーブ超えを果たすなど、着実に成績を積み上げてきた。デビューから3年で早くも通算96セーブ。100セーブの節目まで4セーブと迫る25歳右腕の存在は誰もが知るところとなり、今では野球日本代表「侍ジャパン」でも9回のマウンドを任されるようになった。

 圧倒的なパフォーマンスを見せる一方、常にファンサービスに努め、チームメイトのオフショットが満載のツイッターは、NPB最多の67万人を超えるフォロワーを数える(3月28日現在)。オフには初の自叙伝「約束の力」(飛鳥新書・3月21日発売)の制作にも挑戦し、日本屈指のクローザーとなるまでの道のりを明かしている。

 日本シリーズまでコマを進めながらソフトバンクに敗れ、あと一歩のところで涙を呑んだ昨季。日本一という目標がより具体的に見える今季、「ハマのクローザー」は何を思って開幕を迎えるのか――。

――今シーズンに向けて調整の手応えを教えて下さい。
「キャンプの後で3月に侍ジャパンの試合もあったりので、急ピッチの仕上げ方でしたけど、ここまで怪我なくできています。特に新球の『スラーブ』というボールに力を入れて練習して、オープン戦でも実際に投げました。開幕してから、投げるのが楽しみな1球でもあります」

――デビュー以来これまで順調に成績を残してきました。昨年はチームも日本シリーズを経験。今季はどんなシーズンを送りたいですか?
「毎年怪我なくやれていますけど、9回で投げさせてもらっているポジションに関しては『投げる幸せを感じながら』自分自身のスキルアップ、レベルアップを求めてやっていければいいなと思います。今ある現状に満足するつもりはないですし、もっとよくなりたい、もっとうまくなりたい、そんな一心で今シーズンを迎えるんで、自分自身のパフォーマンスへ期待を込めて楽しみな1年にしたい。今の状態はそんな感じですね」

――守護神はプレッシャーのかかるポジションですし、精神的に平穏を保つが大変だと思いますが、いつも笑顔でいられる秘訣を教えて下さい。
「もともと明るい性格だと自分でも思っています。でも、僕も人間なんで、打たれる時もあれば……。だけど、やっぱり毎日同じようにグラウンドでプレーするようには心掛けていますね。

 僕楽しいことが好きなんです。みんなとノックしたり、キャッチボールしたり、やっぱりいつまでも野球少年のつもりでいますし、野球が好きなんでね。みんなと他愛のない話をして笑ったりして。家族より長い時間を過ごしますから、そこは絶対楽しい方がいいし、みんながお互い気持ちのいい職場であればいいと思っているので、笑顔でいられるように心掛けています。

 これまでプロに入って3年間いろいろありましたけど、何回も心が折れそうになったこともあった。でも、結局今となってはいい経験になっています。今の自分があるのもそういう失敗も含めてだと思っているので、いい経験をさせてもらっています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」