野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

屈指の先発3本柱、若手、助っ人、ベテラン ペナント奪還に燃える楽天のキーマン

楽天の2018年シーズンは、3月30日にZOZOマリンスタジアムで開幕する。昨季の戦いぶりを振り返れば、4年ぶりのAクラス入りを果たし、クライマックスシリーズファイナルステージにも進出するなど、非常に充実したシーズンだったことは間違いない。

今季の活躍が期待される楽天・藤平尚真【写真:荒川祐史】
今季の活躍が期待される楽天・藤平尚真【写真:荒川祐史】

昨年は4年ぶりのAクラスとなる3位、シーズン序盤は首位争いを演じた

 楽天の2018年シーズンは、3月30日にZOZOマリンスタジアムで開幕する。昨季の戦いぶりを振り返れば、4年ぶりのAクラス入りを果たし、クライマックスシリーズファイナルステージにも進出するなど、非常に充実したシーズンだったことは間違いない。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 しかし、あと一歩のところでリーグ制覇を逃した悔しさを忘れた者はいないだろう。「日本一の東北へ」のスローガンを掲げ、目指すはあくまで2013年以来の歓喜の瞬間だ。そこで今回は、開幕に向けて一層期待が高まる楽天のキーマンたちを改めて紹介する。

 まずは投手陣から。楽天の先発陣は、間違いなくリーグトップクラスと言えるだろう。4年連続4度目となる最多奪三振を獲得した絶対的エース・則本昂大を筆頭に、自身初の2桁勝利を達成した美馬学、各成績で高水準の結果を残した岸孝之の3本柱が、今季も投手陣を力強くけん引してくれるはずだ。

 また、大きく注目を集めるのが、昨季後半戦から勝ち星を重ね、チームの大型連敗を2度も止めた藤平尚真だ。3月21日のオープン戦では、苦しみながらも5回を投げて9奪三振、1失点。投手王国結成へ、2年目となる次期エース候補・藤平の投球から目が離せない。

 続いて救援陣だ。昨季は福山博之、高梨雄平、ハーマンが合計167登板のフル回転で、ブルペンと終盤のゲームを支えた。今季も大きな期待が寄せられるが、その負担を考えればさらなるリリーフの出現は不可欠だ。あと1ピース、新戦力が加われば、9回のマウンドに立つ絶対的守護神・松井裕樹に最高の形でバトンを託すことができるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」