野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

韋駄天・日ハム西川が明かす“盗塁哲学” タイトルよりも大切なものとは

昨季39盗塁に成功し、2014年シーズン以来2度目となる盗塁王に輝いた、北海道日本ハムの西川遥輝外野手。NPBを代表するスピードスターは、盗塁に強烈なこだわりを持っている。球界屈指のリードオフマンが明かした走りの流儀とは――。

日本ハム・西川遥輝【写真:荒川祐史】
日本ハム・西川遥輝【写真:荒川祐史】

2度の盗塁王・西川がタイトル以上に重視するモノ

 昨季39盗塁に成功し、2014年シーズン以来2度目となる盗塁王に輝いた、北海道日本ハムの西川遥輝外野手。NPBを代表するスピードスターは、盗塁に強烈なこだわりを持っている。球界屈指のリードオフマンが明かした走りの流儀とは――。

【PR】プロ野球観るなら「DAZN」! NPB&MLB公式戦など野球コンテンツが充実

 2013年シーズンにレギュラーに定着した西川。この年は膝の故障で2か月以上の長期離脱を強いられたが、それでも22盗塁に成功。そこからは4年連続で年間30盗塁以上を記録するなど、その技術に磨きをかけている。

「盗塁に関しては、アウトには絶対になってはいけないと思っている。せっかく塁に出ているんですから、アウトになりにいく必要はない。走らずに止まっていればセーフなわけですから」

 真剣な表情で語る西川にとって、何があっても失敗してはいけないことこそが“美学”だという。昨季は44回盗塁を企図し、39回成功させた。成功率は88.6パーセントと高く、西川の哲学を裏付けるものとなっている。その一方で、数字だけで語れない指標も存在するという。

「意味のある盗塁は必ずあります。5点差付いている場面で盗塁しても、さほど意味はないと思います。たとえば、8、9回にセットアッパーやリリーバーが投げている場面。相手にちょっと気の緩みを感じた時に走る。そういう大事な場面では、バッテリーに大打撃を与えることができる。盗塁の影響で外野が前に出てくれば、その分だけヒットゾーンが広がる。そうなれば自ずと勝てるチャンスが増える。そういう盗塁はチャレンジしていきたいと思っています」

 盗塁数をただ積み上げることを良しとはしない。いかに戦況に影響をもたらし、相手にダメージを与えるか。それが西川の信条だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」