野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス、ロメロが4番の仕事 今季1号は勝ち越し2ラン

オリックスのステフェン・ロメロ外野手が、今シーズン初本塁打を放った。31日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。4回の第3打席に、待望の1発が飛び出した。

1-1で迎えた6回無死一塁から左翼席中段へ1号2ラン

 オリックスのステフェン・ロメロ外野手が、今シーズン初本塁打を放った。31日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。4回の第3打席に、待望の1発が飛び出した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1-1の同点で迎えた6回。先頭の吉田正が右前安打で出塁すると、ここで主砲が打席に。2ボールからの3球目、真ん中低めへのスライダーを完璧に捉えた。快音を残した打球は高々と舞い上がると、ヤフオクドームのレフトスタンド中段に飛び込む2ランに。オリックスが勝ち越しに成功した。

 30日の開幕戦は無安打だったロメロ。この日も前の2打席は凡退しており、これが今季初安打に。オリックスにとってもチーム1号の本塁打となった。ロメロに1発を浴びたソフトバンク先発の武田は、その後小谷野に四球、マレーロにも左前安打を浴び、ここで降板となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」