野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹打線を相手に堂々の初勝利も…オリドラ1田嶋が反省「修正点はまだある」

オリックスのドラフト1位ルーキー田嶋大樹投手がプロ入り初登板初先発で初勝利をつかんだ。5回をわずか1安打1失点。味方打線の援護もあって初勝利をつかみ、ヒーローインタビューでは「すごく嬉しいのと、ホッとしています」と安堵の表情を浮かべた。

プロ初登板初勝利となったオリックス・田嶋大樹【画像:(C)PLM】
プロ初登板初勝利となったオリックス・田嶋大樹【画像:(C)PLM】

序盤苦しむも立て直し、5回で許した安打は川島のソロ弾のみ

 オリックスのドラフト1位ルーキー田嶋大樹投手がプロ入り初登板初先発で初勝利をつかんだ。31日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。初の公式戦マウンドに上がると、球数は要したものの、5回をわずか1安打1失点。味方打線の援護もあって初勝利をつかみ、ヒーローインタビューでは「すごく嬉しいのと、ホッとしています」と安堵の表情を浮かべた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 立ち上がりは苦しんだ。「力が入り過ぎたところがあって空回りしました」。初回1死から川島に11球目を左翼ポール直撃のソロ本塁打とされ、先制点を与えた。その後も制球に苦しみ、初回に31球、2回も34球を投げた。ただ、このルーキー左腕が只者ではないのは、ここからだった。

「2回、3回といい感じで力が抜けてきた。変化球が浮いていたので、それを最低限にとどめるようにと投げました」。そのまま崩れることはなく、徐々に修正に成功。変化球の精度はイマイチだったものの、最速150キロを記録した力強い真っ直ぐで、ソフトバンク打線をねじ伏せた。5回を投げて、安打は川島のソロの1本だけ。5回で球数は108球に上ったが、結果は目を見張るものだった。

「すごい打者が、テレビで見てた選手が、続々と出てくる。気持ちだけは負けないようにしようと思って投げていました」と鷹打線について語る。強敵を見事に封じ込める投球で、今季のチーム初勝利をもたらしても「自信はまだないですね。内容が四球も多かったし、良くない。勝てたことは嬉しいですけど、修正点はまだまだたくさんある」と反省することを忘れなかった。
 
 5回を投げ終えたところでは同点だったが、6回に味方が勝ち越しに成功して白星が巡ってきた。終盤をベンチで見守った心境を「6回に点が入って『勝ちがつくよ』と言われてから、緊張して胃がキリキリしてきましたね」と初々しく語った田嶋。「両親に渡そうと思っています」というウイングボールは、ユニホームのズボンの右ポケットに大事にしまわれていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」