野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ打球直撃で5回途中5失点 移籍後初勝利ならずもチーム勝利

カブスのダルビッシュ有投手が3月31日(日本時間4月1日)、敵地でのマーリンズ戦で今季初先発に臨んだが、初勝利は飾れなかった。4回1/3を投げて1被弾を含む5安打4奪三振4四死球5失点(自責5)。5回に打球が足に直撃するアクシデントが発生した後も続投したが、リードを守り切れなかった。試合は連日の延長戦にもつれ込んだが、10回にカブスが4点を挙げ、10-6で勝利した。

マーリンズ戦で今季初先発を果たしたカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
マーリンズ戦で今季初先発を果たしたカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

5回にロハスに打球が足を直撃するアクシデント

 カブスのダルビッシュ有投手が3月31日(日本時間4月1日)、敵地でのマーリンズ戦で今季初先発に臨んだが、初勝利は飾れなかった。4回1/3を投げて1被弾を含む5安打4奪三振4四死球5失点(自責5)。5回に打球が足に直撃するアクシデントが発生した後も続投したが、リードを守り切れなかった。試合は連日の延長戦にもつれ込んだが、10回にカブスが4点を挙げ、10-6で勝利した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 オフにカブスにFA移籍した日本人右腕が、新天地で迎えるシーズン初先発マウンド。幸先のいいスタートを切りたかったが苦しんだ。初回先頭ブリンソンに死球を当てた直後、ディートリッチに先制2ランを右翼へ運ばれた。直後に味方打線がシュワーバーの2ランで同点に追いつき、5回に主砲リゾの走者一掃タイムリーで3点リードを奪うが、5回裏にアクシデントが発生する。

 先頭ロハスの打球がダルビッシュの足を直撃するヒットになった。マドン監督とトレーナーがマウンドを訪れたが続投。だが、四球と安打で無死満塁とすると、ブリンソンに中堅へタイムリーを運ばれて1失点。ここで再び監督とトレーナーがマウンドを訪れて状態を確認したが、ダルビッシュは再度続投を選択する。そして迎えた次打者カストロに左翼へ2点タイムリーを許し、同点をされたところで降板。4回1/3を投げて102球(59ストライク)と球数がかさんだ。

 マウンドを継いだダンシングが好救援し、ダルビッシュが残した2走者を返さず。なんとか同点でとどまった。すると、カブスは6回にヘイワードの右犠飛で1点勝ち越しに成功。8回に同点に追いつかれたが、延長10回に4点を勝ち越し、勝利を飾った。

 ダルビッシュは2012年のメジャー移籍以来、右肘靱帯再建手術で登板のなかった2015年をはさみ、2016年までシーズン初先発では4連勝を飾っていた。昨年は初勝利には届かなかったが勝敗はつかず。今年も勝敗はつかなかったが、不敗は続いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」