野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローの美技に米も驚愕「ホームランを盗むために帰ってきた」「史上最高の名手」

イチローの美技に米も驚愕「ホームランを盗むために帰ってきた」「史上最高の名手」

マリナーズのイチロー外野手は3月31日(日本時間1日)、本拠地インディアンス戦に「9番・左翼」で開幕から2試合連続スタメン出場し、序盤から見せ場を作った。3回に相手の本塁打を“強奪”するスーパーキャッチを見せると、MLB公式ツイッターも動画で速報。これには地元ファンも「イチローは神」「なんてキャッチだ」「この男を愛するしかない」「未だにアメージング」とコメントするなど絶賛の嵐を巻き起こしている。

インディアンス戦に「9番・左翼」で出場したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
インディアンス戦に「9番・左翼」で出場したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

開幕から2戦連続で先発出場、3回にホームランキャッチの超美技

 マリナーズのイチロー外野手は3月31日(日本時間1日)、本拠地インディアンス戦に「9番・左翼」で開幕から2試合連続スタメン出場し、序盤から見せ場を作った。3回に相手の本塁打を“強奪”するスーパーキャッチを見せると、MLB公式ツイッターも動画で速報。これには地元ファンも「イチローは神」「なんてキャッチだ」「この男を愛するしかない」「未だにアメージング」とコメントするなど絶賛の嵐を巻き起こしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3点ビハインドで迎えた3回。初回に満塁弾を浴びたパクストンが、先頭のラミレスにレフトに大飛球を打たれた。しかし、イチローが完璧なタイミングでジャンプし、フェンスに激突しながらスーパーキャッチを決めた。

 フェンスを越える直前でボールを奪う「ホームランキャッチ」を決めた英雄に、セーフコ・フィールドのファンは大フィーバー。「イチローコール」とスタンディングオベーションで称えていた。

 このスーパープレーを紹介したのはMLB公式ツイッターだった。「イチローはシアトルにホームランを盗むために帰ってきた。これは・あまりに・クールだ」と美技の動画とともに紹介。

 すると地元ファンは6年ぶりに帰ってきた背番号51の躍動に大興奮。ツイッターのコメント欄には賞賛の声で溢れかえった。

「偉大なキャッチ、そして、明らかにホームランを奪っていた。日本生まれで初のMLB殿堂入り選手は全てが始まったシアトルに帰ってきた」
「凄すぎる、なんてキャッチなの、イチロー!」
「シアトルの史上最高の名手」
「イチローのように外野を守る人間は誰もいない。この男を愛するしかない。彼を獲得してくれてありがとう、マリナーズ。彼がいるべき場所なんだ」
「私は永遠にこの男を愛するでしょう。とにかく一流」
「依然としてアメージング。40代の我々を誇らしくしてくれる」
「我々中年の誇りだよ」

「レジェンドがデビューで本当にクールな仕事をしただけのこと」
「この男は不老の奇跡だ!」
「イチローは自分にとって常に偉大で偉大な選手だった。彼がシアトル・マリナーズの一員としてクーパータウンに行くことがわかっている。彼が殿堂入りするときに、永久欠番になることを祈っている」
「44歳と聞いたときには、鳥肌が立ったんだ」
「イチローはもう23歳じゃないと知っているよね? こんなに余裕に決めて、ヒットも打つなんてクレージーだよ」
「おかえりなさい!!!」
「イチローは神」

 この日は打ってもマルチ安打の活躍を見せた背番号51。地元ファンは6年ぶりに凱旋したレジェンドの健在ぶりに喜びを爆発させていた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」