野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクが開幕カード勝ち越し 6回中村が逆転満塁ホームラン

ソフトバンクが終盤の猛攻で圧勝し、開幕カードの勝ち越しを決めた。1日にヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。先制される展開も、中村晃外野手がグランドスラムを放って逆転。8回には打者一巡の攻撃で一挙に8点を加点。終わってみれば、大量リードを奪う大勝だった。

満塁ホームランを放ったソフトバンク・中村晃【画像:(C)PLM】
満塁ホームランを放ったソフトバンク・中村晃【画像:(C)PLM】

先制を許すも6回に打線が目覚めオリ山岡を打ち砕く

 ソフトバンクが終盤の猛攻で圧勝し、開幕カードの勝ち越しを決めた。1日にヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。先制される展開も、中村晃外野手がグランドスラムを放って逆転。8回には打者一巡の攻撃で一挙に8点を加点。終わってみれば、大量リードを奪う大勝だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 先手は奪われた。制球に苦しんでいた先発の中田賢一投手が6回につかまった。先頭の小谷野栄一に死球を与えて出塁させると、続くマレーロには初球のカーブを完璧に捉えられて打球は左翼席中段へ。先制の2ランを浴び、劣勢に立たされた。

 その裏、オリックス先発の山岡泰輔の前に沈黙していた打線がようやく繋がった。先頭の本多雄一が右前安打で出塁すると、1死から内川聖一も今季初安打の右前安打。デスパイネが四球で続いて満塁となると、中村晃が右翼スタンドへと逆転満塁ホームランを放ち試合をひっくり返した。

 8回には打者12人で8本の長短打を集中。オフのトレードで加入した西田哲朗にも移籍後初安打となるタイムリーが出るなど、一挙に8得点を奪い、試合を決定づけた。ソフトバンクは開幕3連戦を2勝1敗として、工藤公康監督が目標に掲げるカード勝ち越しにまずは成功した。

 オリックスは6回にマレーロの2試合連続本塁打となる2ランで先行したものの、その裏に山岡が痛恨の逆転満塁弾を被弾。5回までホークス打線をわずか3安打に封じていただけに、悔やまれる1球に。8回には黒木優太、榊原翼、松葉貴大と次々に失点を重ねソフトバンク打線を止めることができなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」