野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークスが中村の満塁弾を号砲に大勝 工藤監督「勝負強い彼がよく打った」

1日、ソフトバンクはオリックスに12-3と大勝し、開幕カードの勝ち越しを決めた。5回までの拙攻合戦が嘘のような大味な試合となったが、工藤公康監督は中村晃の見事なひと振りを称賛した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

1軍デビュー田中も評価「ストライクゾーンで勝負できていた」

 1日、ソフトバンクはオリックスに12-3と大勝し、開幕カードの勝ち越しを決めた。5回までの拙攻合戦が嘘のような大味な試合となったが、工藤公康監督は中村晃の見事なひと振りを称賛した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 終わってみれば16安打で大量12点。工藤監督は、大らかな表情で打線について語り始めた。最初はもちろん中村の満塁弾についてだ。

「素晴らしいホームランだったと思います。外野フライでも、という場面で、ヒットでつないで同点もしくは逆転というところが、一番最高の結果。勝負強い彼がよく打ってくれました」

 さらに「内川くんにもデスパイネにも1本出てホッとしています。1本出ると変わるでしょう」と、4番、5番の今季初ヒットを素直に喜んだ。

 また、先発の中田賢一には「得点はホームランだけだからね。彼なりに粘って投げていたと思います。ただ、ちょっと四球が目立つので、あれがなくなればもっと長いイニングも投げられるし、勝ちもついてくると思います」と制球面での改善を求めた。

 ようやく1軍デビューを飾った田中正義には「彼が投げるいい機会をバッターが作ってくれたね。開幕3連戦の間に彼も開幕を迎えられてよかったと思います。腕も振れていたし、ストライクゾーンで勝負できていた」と評価。一発は浴びたが、キャンプからオープン戦にかけて常に気にかけてきた16年ドラ1右腕のデビューに、ホッとした表情を浮かべていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」