野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

即戦力ルーキーがチームを牽引 ロッテ藤岡裕&菅野が打撃で躍動

開幕カード勝ち越しに貢献したロッテの即戦力ルーキー、藤岡裕大内野手と菅野剛士外野手が、初めてのお立ち台に上がった。1日に行われた本拠地での楽天戦を5-4で制したロッテは、2勝1敗と勝ち越した。

ロッテの新人コンビ・藤岡裕(左)と菅野【画像:(C)PLM】
ロッテの新人コンビ・藤岡裕(左)と菅野【画像:(C)PLM】

開幕3戦で藤岡裕は打率.417、菅野は.375の好成績

 開幕カード勝ち越しに貢献したロッテの即戦力ルーキー、藤岡裕大内野手と菅野剛士外野手が、初めてのお立ち台に上がった。1日に行われた本拠地での楽天戦を5-4で制したロッテは、2勝1敗と勝ち越した。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 先発・酒居が先制点を許した直後の3回裏だった。先頭・荻野が左前打で出塁すると、この日1軍デビューだった楽天先発・池田が一塁牽制を悪送球とし、ロッテは無死二塁の好機を迎えた。すると、打席に立った藤岡裕は外角低めの139キロのストレートを強振。「とにかくランナーを進めるバッティングをしようと思っていた。強引になりすぎないようにいった結果が、こういう形になってくれた」と、打球は右前に弾む同点タイムリーとなった。「ボールをしっかり見極め、ストライクを振っていく」と四球も2個選び、開幕3試合は打率.417、1打点と新人離れした活躍ぶりを見せた。

 6番・左翼の菅野も負けてはいない。なおも中村が右前打で続き、井上の遊ゴロ(記録はエラー)で逆転し、鈴木が送った1死二、三塁。「最初は外野フライ狙いだったが、(カウント2-2と)追い込まれたので、ゴロで抜こうと思った」と、打席でのアプローチを切り替えた。社会人野球での経験を生かし、外に落ちるフォークを拾って、中前に技ありの2点タイムリーを運んだ。菅野も開幕3試合で打率.375、3打点の好成績で、藤岡裕と刺激し合っている。

 お立台では、「(菅野は)いいプレーで刺激になる。優勝に貢献できるように頑張りたい」と藤岡裕が言えば、菅野も「(藤岡は)チームの勢いを上げて心強い。僕もその波に乗っていきたい」と讃え合った。「新人が逆にチームを引っ張っている」と井口監督も目を細める活躍が、開幕ダッシュの鍵になる。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」