野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • “投手”大谷が見せた持ち球のバランスに敵将感心「彼は本物のようだね」

“投手”大谷が見せた持ち球のバランスに敵将感心「彼は本物のようだね」

エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地アスレチックス戦でメジャー初先発初勝利を挙げた。エンゼルスと契約前から“二刀流”として日米球界の話題となっていた23歳右腕は、6回を投げて3安打3失点。2回こそ左中間に強烈な3ランを浴びたが、それを除く5イニングでは相手打線を寄せ付けなかった。

メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

ア軍メルビン監督、最速160キロの速球効果を指摘

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地アスレチックス戦でメジャー初先発初勝利を挙げた。エンゼルスと契約前から“二刀流”として日米球界の話題となっていた23歳右腕は、6回を投げて3安打3失点。2回こそ左中間に強烈な3ランを浴びたが、それを除く5イニングでは相手打線を寄せ付けなかった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この日の最速は160キロを計時。常時155キロ以上を叩き出しながら、スライダー、カーブとの緩急差、スプリットとの高低差を生かして6奪三振を記録した。アスレチックスを率いるボブ・メルビン監督は、大谷の投げる球種について「バランスのいい持ち球」と高評価。「98マイル(約158キロ)を投げる投手に対しては、打者はかなり早くバットを始動させなければならないが、そうすると今後は彼の変化球が生きてくる」と、速球と変化球が互いに補完し合っている様子を指摘したという。

 一般に、投手と打者が初対戦する場合は、投手の方が有利だと言われる。メルビン監督は「対戦する機会があればあるほど、自分に対してどう攻めてくるのかとか、良いアイデアは生まれるもの」と次回対戦での攻略を期待すると同時に、「とは言っても、次にうまくいくとは限らない。彼は本物のようだね」と感心した。

 敵将に「本物」と言わせた大谷。次回対戦では対策を立ててくるであろうアスレチックスに、どんなピッチングを披露するのか、期待したい。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」