野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • MLB公式サイト、大谷デビュー戦を徹底分析 スプリットを絶賛「致命的」

MLB公式サイト、大谷デビュー戦を徹底分析 スプリットを絶賛「致命的」

1日(日本時間2日)に敵地アスレチックス戦でメジャー初先発初勝利を飾ったエンゼルスの大谷翔平投手。160キロのファストボールや急降下する高速スプリットなど、初マウンドで凄みを存分に示した大谷の“5項目”について、MLB公式サイトが格付けした。

エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

大谷の“5項目”をデータを用いて分析、スプリットは「致命的。99点」

 1日(日本時間2日)に敵地アスレチックス戦でメジャー初先発初勝利を飾ったエンゼルスの大谷翔平投手。2回に3ランを被弾したが、6回を投げて3安打6奪三振1四球で3失点(自責3)という内容で、見事にクオリティスタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成した。160キロのファストボールや急降下する高速スプリットなど、初マウンドで凄みを存分に示した大谷の“5項目”について、MLB公式サイトが格付け。空振りを奪ったスプリットは「致命的」と最高評価を受ける一方、唯一「平均的」と評価されたのは――。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「最初の先発で我々がオオタニの腕について学んだこととは」

 メジャーデビューを受け、MLB公式サイトでは「ベーブ・ルース2世」と期待される投手・大谷を徹底分析した。

 まずは最速160キロをたたき出したファストボール(直球)。平均速度は時速97.8マイル(約158キロ)で、格付けでは「エリート。99点」とメジャートップ級と評価している。

 アスレチックス戦で投じた大谷のファストボールは39球で、平均時速は158キロだったという。昨季、100球以上ファーストボール(フォーシーム、ツーシーム、シンカー)を投げたメジャー268人の先発投手と比較して、大谷のファストボールよりも平均球速が上だったのは、メッツの剛腕ノア・シンダーガード投手だけだったという驚異的なデータを紹介している。

 スプリットの効果性については、41.6%という高い空振り率だったことを指摘。こちらも「致命的、99点」とメジャートップ級の評価を与えた。

 この試合ではスプリットを24球投げ、初回に主砲オルソンを三振に仕留めた圧巻のボールを含めて、10度の空振りを奪ったという。そして、「オオタニのスプリットフィンガーファストボールは際立っていた」と特集では称賛。スプリットを武器とする投手で大谷を上回る空振り率を1試合で記録した投手は昨季メジャーで2人しかいなかったとしている。

 9月29日にヤンキースの田中将大投手が、5月17日にエンゼルスのマット・シューメーカー投手がそれぞれ42.1%を記録。大谷のこの試合のスプリットの切れ味はそれに次ぐデータを叩き出したというのだ。記事では「ただ力強いというのではない。ファンタスティックだ」と絶賛している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」