野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 重圧かかる場面で“超攻撃的采配”も 大阪桐蔭の逆転劇引き寄せた名将の決断 

重圧かかる場面で“超攻撃的采配”も 大阪桐蔭の逆転劇引き寄せた名将の決断 

第90回記念選抜高校野球は3日、大会11日目を迎え準決勝第2試合は大阪桐蔭(大阪)が3-2で三重(三重)を下し決勝進出を決めた。大阪桐蔭が今大会初めてリードを奪われ、延長12回の死闘となったこの一戦を沖縄・興南高校で春夏通算6度の甲子園出場を果たし、京都大学などでも監督を務めた比屋根吉信氏(66)に解説してもらった。

第90回記念選抜高校野球、大会11日目の結果
第90回記念選抜高校野球、大会11日目の結果

今大会初めてリードを許すも9回同点、延長12回サヨナラ勝ち

 第90回記念選抜高校野球は3日、大会11日目を迎え準決勝第2試合は大阪桐蔭(大阪)が3-2で三重(三重)を下し決勝進出を決めた。大阪桐蔭が今大会初めてリードを奪われ、延長12回の死闘となったこの一戦を沖縄・興南高校で春夏通算6度の甲子園出場を果たし、京都大学などでも監督を務めた比屋根吉信氏(66)に解説してもらった。 

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

—————————————— 

 大阪桐蔭は今大会一番苦しんだ試合でもあったが、接戦をものしてまた一段と自信を付けた一戦となった。2点を先制され、初めて追う展開となったが、そこは百戦錬磨の西谷監督。焦ることなくジワジワと三重を追い込んでいった。 

 大きかったポイントは継投のタイミングだ。エースの柿木が3回に2点を失った場面で、三重打線のタイミングが少しずつ合ってきた。それを見た西谷監督は5回から躊躇することなく根尾にスイッチした。ここの決断が勝利につながったと言っても過言でもない。 

 そして攻撃面での采配は土壇場に追い込まれた9回だ。先頭の根尾が四球で出塁し同点のランナーが出たが、続く山田がバント失敗。そこで怯むことなく続く石川にはエンドランのサインを出し、選手も見事に応えた、ここで流れを止めることなく、一、二塁から再びエンドランで同点に追いついた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」