野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ宗が強肩発動!ストライク送球で先制許さず 打ってはプロ初タイムリー

オリックスの宗佑磨外野手が3日、ホーム開幕戦となったロッテ戦で攻守にわたり存在感を見せつけた。

オリックス・宗佑磨【画像:(C)PLM】
オリックス・宗佑磨【画像:(C)PLM】

5回2死三塁ではロッテ石川からプロ初タイムリーとなる右前適時打

 オリックスの宗佑磨外野手が3日、ホーム開幕戦となったロッテ戦で攻守にわたり存在感を見せつけた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 まずは今春のキャンプから外野にコンバートされた守備で見せた。4回1死二塁からロッテの3番・中村が放った打球は中前に弾んだ。宗は打球に歩幅を合わせ前進し、元遊撃手らしいテークバックの短い送球でホームへストライク送球。二走の俊足・荻野をドンピシャのタイミングで刺し捕殺を完成させた。

 そのままの勢いで迎えた5回の攻撃。2死三塁で迎えた第3打席でロッテ・石川の内角直球を弾き返し先制の右前タイムリーを放った。プロ初タイムリーを放った宗は「チャンスだったので積極的にいこうと思っていました。高めのボールを一発で仕留めることができました。いい場面で打ててよかったです」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」