野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 今季白星発進、田中将大は“アンチ・速球派”に変貌? 米メディア分析

今季白星発進、田中将大は“アンチ・速球派”に変貌? 米メディア分析

今季白星発進を遂げたヤンキース田中将大投手。3月30日(日本時間31日)の敵地ブルージェイズ戦で6回3安打1失点の快投で、チームを4-2の勝利に導いた。シーズン初登板を勝利で終えたのは自身4年ぶり。その日本人右腕について、米メディアが「アンチ・ファストボーラー」として注目している。 

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季初登板で白星、田中将大は「アンチ・ファストボーラー」!?

 今季白星発進を遂げたヤンキース田中将大投手。3月30日(日本時間31日)の敵地ブルージェイズ戦で6回3安打1失点の快投で、チームを4-2の勝利に導いた。シーズン初登板を勝利で終えたのは自身4年ぶり。その日本人右腕について、米メディアが「アンチ・ファストボーラー」として注目している。 

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 田中の今季初登板では2回1死からグリチャックに同点ソロを浴びたのが唯一の失点。その後、調子を上げていき、2回2死から6回まで圧巻の13打者連続アウトで締めくくった。 

 6回79球3安打8奪三振無四球1失点でマウンドを降りた田中の投球内容に注目したのは米テレビ局「CBSスポーツ」電子版だった。試合後、「超高速時代で、マサヒロ・タナカはアンチ・ファストボール投手となった」と見出しで特集した。 

 記事では「パワーヒッターとパワーピッチャー。長距離弾と90マイル後半の速球。それが現在の野球だ」とメジャーの現状を定義しつつ、田中の投球がその中で異彩を放っていることに言及。この日、8奪三振無四球を記録する中で「最もアメージングな数字は16だ。この数字は投じたファストボールの球数だ」とレポートし、この日、スライダー40球、スプリット15球を投げる一方、フォーシームなどの速球が16球だったことを紹介している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」