野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、懐疑的な見方一蹴 米番記者「このレベルで活躍できることに驚き」

大谷翔平、懐疑的な見方一蹴 米番記者「このレベルで活躍できることに驚き」

エンゼルスの大谷翔平投手は敵地で行われた4月1日(日本時間2日)の開幕第4戦アスレチックス戦でメジャー初先発を果たし、6回3安打3失点の好投で初勝利を挙げた。2回に3ランを浴びながらも修正し、先発の役目を果たすクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)。このデビュー戦を地元のメディアはメジャーリーガー・大谷はどう見たのか。エンゼルスの番記者は「日本で起きたことがアメリカで起きない理由はない」と今後の活躍を予想した。

メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷二刀流へ高まる期待、「日本で起きたことが米国で起きない理由ない」

 エンゼルスの大谷翔平投手は敵地で行われた4月1日(日本時間2日)の開幕第4戦アスレチックス戦でメジャー初先発を果たし、6回3安打3失点の好投で初勝利を挙げた。2回に3ランを浴びながらも修正し、先発の役目を果たすクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)。メジャーリーガー・大谷のデビュー戦を地元のメディアはどう見たのか。エンゼルスの番記者は「日本で起きたことがアメリカで起きない理由はない」と今後の活躍を予想した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 大谷は初回に160キロを計測し伝家の宝刀・スプリットで空振り三振を奪うなど最高のスタートを切った。2回にチャップマンに逆転3ランを浴びたが、その後は修正し無失点。修正能力の高さを見せメジャー初勝利をつかみ取った。

「ピッチングは素晴らしかった。思っていたよりだいぶ良かったというのが素直なところだ。もう少し戸惑いがあるかと思ったが、落ち着いていた。打たれた3人の打者以外に対しては非常に良かった」

 こう語ったのはLAタイムズのエンゼルス番記者ジェフ・ミラー氏だ。160キロの直球も評価しながら、メジャーでは“動くボール”が活躍するポイントの一つとなることを挙げ、「その点ではカットボールとスライダーはメジャーレベルにある」と評価した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」