野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス、エース・金子で痛恨の逆転負け 1点リードの7回に一挙4失点

オリックスは3日、ホーム開幕戦となったロッテ戦(京セラドーム)で痛恨の逆転負けを喫した。1点リードの7回にエース・金子がロッテ打線につかまるなど4失点で逆転負け。チームは2連敗となった。

オリックス対ロッテの試合結果
オリックス対ロッテの試合結果

5回に宗のプロ入り初タイムリーで先制も…

 オリックスは3日、ホーム開幕戦となったロッテ戦(京セラドーム)で痛恨の逆転負けを喫した。1点リードの7回にエース・金子がロッテ打線につかまるなど4失点で逆転負け。チームは2連敗となった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 5回に宗のプロ入り初となる右前タイムリーで先制したが、7回にエースがロッテ打線につかまった。1死から菅野に四球を与え、続く福浦に右前打を浴び一、二塁のピンチを招く。代打・清田を三振に取り2死一、二塁としたが、代打・平沢に中前適時打を浴び同点に。さらに続く荻野には三塁線を破る2点タイムリー二塁打を浴び降板となった。

 2番手でマウンドに上がった小林も中前適時打を浴び、金子は6回2/3、7安打4失点と結果を残せず。打線は5回に宗のプロ入り初タイムリーとなる右前適時打を放ち先制したが、その後はロッテ投手陣を打ち崩せなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」