野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日、12球団唯一の開幕4連敗 G山口俊は293日ぶり白星、岡本最速10打点

中日が痛恨の開幕4連敗を喫した。広島との開幕カードで3タテを食らい、舞台をナゴヤドームに移しての3日の巨人戦。本拠地開幕ゲームで仕切り直しを図りたいところだったが、先発の柳裕也投手が4失点で4回途中KO。打線も巨人先発の山口俊投手を打ち崩せずに、3-10で敗れた。

3日の中日対巨人、巨人先発の山口俊が白星を挙げる
3日の中日対巨人、巨人先発の山口俊が白星を挙げる

先発の柳裕也が巨人打線につかまり、4回途中6安打4失点でKO

 中日が痛恨の開幕4連敗を喫した。広島との開幕カードで3タテを食らい、舞台をナゴヤドームに移しての3日の巨人戦。本拠地開幕ゲームで仕切り直しを図りたいところだったが、先発の柳裕也投手が4失点で4回途中KO。打線も巨人先発の山口俊投手を打ち崩せずに、3-10で敗れた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 初回、いきなり劣勢に立たされた。柳は、先頭の陽岱鋼に死球を与えると、吉川尚に中前安打、坂本に右前適時打を浴びて1点を失う。さらにゲレーロに四球を与えて満塁とされると、マギーにも右前へ2点適時打を許し、2点のビハインドを背負った。

 右腕は4回にも1死から小林に左前安打を浴び、立岡に死球。吉川尚に中前安打で繋がれると、坂本に左前への2点適時打を許した。ここで柳はノックアウト。3回2/3を投げて6安打4失点だった。

 打線も巨人先発の山口俊の前に、走者こそ出せども得点にはなかなかつながらない。2回には先頭のビシエドが二塁打で出塁しながら、福田が三ゴロ、高橋は遊飛と走者を進めることすら出来ず。4回には先頭のアルモンテ、続くビシエドの連打で一、二塁としながら、福田が遊ゴロ併殺打に倒れた。

 4点ビハインドの6回1死満塁で高橋が走者一掃の適時三塁打を放って1点差に迫ったが、平田、松井雅が連続空振り三振に倒れ、同点のチャンスを逸した。7回からは巨人リリーフ陣に押さえ込まれて敗戦し、開幕4連敗に。この日、パ・リーグで唯一、開幕3連敗を喫していた日本ハムが楽天に勝利したため、中日だけが12球団唯一の白星なしとなってしまった。

 巨人は今季初先発となった山口俊が6回7安打3失点と粘りの投球で勝利投手に。7回からは澤村、上原、マシソンのリレーで逃げ切った。この日が43歳の誕生日だった上原は3試合連続のホールド、同じく30歳の誕生日だった澤村も3戦連続の無失点投球でバースデーリレーとなった。不祥事による出場停止処分を受けていた山口俊は、昨年7月9日の阪神戦(甲子園)以来、268日ぶりの公式戦登板で勝ち投手となり、同6月14日のソフトバンク戦(東京D)以来、293日ぶりの白星を記録。また岡本はこの日猛打賞、3戦連続打点の活躍で10打点一番乗りを果たした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」