野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2戦連発に本拠地大興奮 地元記者も絶叫「アンビリーバブル!」

大谷翔平、2戦連発に本拠地大興奮 地元記者も絶叫「アンビリーバブル!」

 エンゼルスの大谷翔平が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦で「8番・DH」で2戦連続スタメン出場し、サイ・ヤング賞右腕コリー・クルーバーから第2打席でセンターへ同点2ランを放った。前日にメジャー1号を含む3安打3打点と爆発した二刀流右腕は2戦連発。圧巻の一撃に地元番記者も「アンビリーバブル!」と絶叫した。

2試合連続となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
2試合連続となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

相手エース右腕クルーバーから圧巻の同点2ラン

 エンゼルスの大谷翔平が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦で「8番・DH」で2戦連続スタメン出場し、サイ・ヤング賞右腕コリー・クルーバーから第2打席でセンターへ同点2ランを放った。前日にメジャー1号を含む3安打3打点と爆発した二刀流右腕は2戦連発。圧巻の一撃に地元番記者も「アンビリーバブル!」と絶叫した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルススタジアムが沸騰した瞬間だった。0-2で迎えた5回2死二塁の第2打席。大谷のバットが火を噴いた。3球目の外角低めのファストボールを捉え、センターに大飛球。同点2ランを叩き込んだ。

 スタンディングオベーションが巻き起こったスタンド。2度のサイ・ヤング賞受賞を誇る実力者を打ち崩した大谷のバッティングに、記者席にいた米スポーツ専門誌「スポルティング・ニュース」のジョセフ・ディポリート記者も「アンビリーバブル! アンビリーバブル!」と絶叫。「これを予想したかって? まったくしてないよ! ゼロだ! 昨日だって予想できなかったのに……」と2戦連続弾に驚きを隠しきれない様子だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」