野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 615発プホルス、大谷のパワーに太鼓判「どの球場でどこへでも一発打てる」

615発プホルス、大谷のパワーに太鼓判「どの球場でどこへでも一発打てる」

エンゼルスの大谷翔平が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦に「8番・DH」で2戦連続スタメン出場し、勝利に大きく貢献する活躍を見せた。第2打席で昨季のサイ・ヤング賞右腕クルーバーから2戦連発となる同点2ランを放つと、延長10回の第4打席では守護神アレンから中前打。二刀流の大暴れを喜んだのは、メジャー通算615本塁打の主砲アルバート・プホルス内野手だ。

本塁打を放った大谷を迎え入れるプホルス(中央)【写真:Getty Images】
本塁打を放った大谷を迎え入れるプホルス(中央)【写真:Getty Images】

CY右腕からも豪快弾、殿堂入り確実の大打者も認める「最高のスイング」

 エンゼルスの大谷翔平が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦に「8番・DH」で2戦連続スタメン出場し、勝利に大きく貢献する活躍を見せた。第2打席で昨季のサイ・ヤング賞右腕クルーバーから2戦連発となる同点2ランを放つと、延長10回の第4打席では守護神アレンから中前打。二刀流の大暴れを喜んだのは、メジャー通算615本塁打の主砲アルバート・プホルス内野手だ。「どの球場だろうが、ライトからレフトスタンドまでホームランを放つパワーを持っている」と、まさに規格外の二刀流を絶賛している。エンゼルスは延長13回に3-2でサヨナラ勝利。2連勝で強豪インディアンスに勝ち越した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 引退後は有資格1年目での米国野球殿堂入りが確実視されているレジェンドも大谷の実力を手放しで絶賛した。延長13回の死闘を制したエンゼルスのクラブハウス。プホルスは2点を追う5回の第2打席にサイ・ヤング賞投手から2ランを放った大谷の一撃について質問されると、少し笑顔を浮かべた。

「最高のスイングだったね。外野フライじゃないんだぞ」

 名投手から放った、2試合連続の一発。その豪快なスイングを称賛した。

 大谷は3月31日の開幕戦で打者としてデビューを飾ると、1日(日本時間2日)の敵地アスレチックス戦で投手として初先発し、白星を飾った。さらに、本拠地デビュー戦となった3日(同4日)のインディアンス戦では初打席で3ラン。そして、この日はサイ・ヤング右腕撃ち――。

 デビュー1週間での衝撃の大ブレークについて「驚きは?」と質問されると、プホルスは表情を一切変えずに答えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」