野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日が1点差に迫る 4209日ぶり1軍先発だった松坂の黒星消えるか

中日打線が反撃の狼煙をあげた。5日、ナゴヤドームで行われた巨人戦。先発した松坂は5回3失点で2点のリードを許したまま降板したが、その後味方が反撃に出て1点差に詰め寄った。

6回裏に中日が1点差に詰め寄る
6回裏に中日が1点差に詰め寄る

6回1死一、二塁で高橋が3試合連続となる適時打

 中日打線が反撃の狼煙をあげた。5日、ナゴヤドームで行われた巨人戦。先発した松坂は5回3失点で2点のリードを許したまま降板したが、その後味方が反撃に出て1点差に詰め寄った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2点ビハインドで迎えた6回。この回からマウンドに上がった巨人・澤村からビシエドが安打で出塁すると、続く福田の打球は二塁手の目の前で大きくバウンドがイレギュラーするラッキーな中前安打に。1死一、二塁とすると、高橋が右前へ3試合連続のタイムリーを放って1点差に迫った。

 さらに平田が左前安打で繋いで満塁としたが、右腕の女房役を務めた大野奨が最悪の二ゴロ併殺。同点、逆転を期待した中日ファンからは大きなため息が漏れた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」