野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・松坂大輔、初先発は5回3失点で負け投手 「勝ちに繋げられなかった悔しさしかない」

中日は松坂大輔投手の移籍後初先発を白星で飾ることが出来なかった。5日、ナゴヤドームで行われた巨人戦。先発した松坂は2016年10月2日の楽天戦(コボスタ)以来、550日ぶりとなる1軍登板を果たしたが、5回3失点で敗戦投手となった。

中日・松坂大輔【写真:福谷祐介】
中日・松坂大輔【写真:福谷祐介】

初回に先制点を与えると、3回には味方の失策も絡み2点を失う

 中日は松坂大輔投手の移籍後初先発を白星で飾ることが出来なかった。5日、ナゴヤドームで行われた巨人戦。先発した松坂は2016年10月2日の楽天戦(コボスタ)以来、550日ぶりとなる1軍登板を果たしたが、5回3失点で敗戦投手となった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 1軍の先発マウンドは2006年9月26日のロッテ戦以来、4209日ぶりだった松坂。初回、ゲレーロに適時打を許して先制点を奪われると、3回には無死満塁からマギーへの遊ゴロ併殺打の間に勝ち越し点を献上。岡本の遊ゴロを京田が悪送球して、さらに1点を加えられた。

 5回の先頭打者として打順が回った松坂は、代打・藤井が送られてここで降板。5回96球を投げて8安打を浴びながら、粘りのピッチングを見せ、3失点(自責点は2)でしのぎ、リリーフ陣に後を託した。松坂は「先頭打者をしっかりアウトにすることが出来なかった。それによって球数が多くなってしまったことが反省です」とコメントした。

 打線は先制を許した直後にアルモンテが左翼線への適時二塁打を放って同点に追いついたが、巨人先発の大竹の前に5回まで5安打1失点と攻略出来ず。6回1死一、二塁から高橋が右前適時打を放って1点差と迫ったが、続く1死満塁で大野奨が二ゴロ併殺に倒れ、好機を逸した。7回以降は、巨人リリーフ陣の継投にかわされた。

 巨人は開幕から2カード連続の勝ち越しに成功。3回に2点を勝ち越すと、大竹が5回1失点の好投。6回に澤村が1点を失ったが、7回以降はマシソン、上原、カミネロのリレーで逃げ切った。

 試合後、報道陣に対応した松坂は「今は勝ちにつなげられなかった悔しさしかないですね。(1軍で投げられた)感慨はないですね。過ぎたことなので」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」