野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の「パワーは本物」 そして投手を「恐れさせた」1本のヒット

大谷翔平の「パワーは本物」 そして投手を「恐れさせた」1本のヒット

二刀流右腕は投手としてだけでなく打者としてもメジャーで強烈なインパクトを残し、その衝撃は全米に広がっている。そんな中、メジャー通算225セーブの名クローザーは本拠地開幕戦での1本のヒットに注目。「どんな投手も死ぬほど恐れさせるもの」と絶賛している。

投手としてだけでなく打者としてもメジャーで強烈なインパクトを残している大谷翔平【写真:西山和明】
投手としてだけでなく打者としてもメジャーで強烈なインパクトを残している大谷翔平【写真:西山和明】

本拠地デビューから2戦連発、1本目の本塁打に「あまりに素晴らしい打者」

 3日(日本時間4日)の本拠地デビュー戦で初打席初本塁打を含む3安打の活躍を見せたエンゼルス大谷翔平は、4日(同5日)のインディアンス戦でも昨季のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバー投手から2ランを放った。二刀流右腕は投手としてだけでなく打者としてもメジャーで強烈なインパクトを残し、その衝撃は全米に広がっている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そんな中、メジャー通算225セーブの名クローザーは本拠地開幕戦での1本のヒットに注目。「どんな投手も死ぬほど恐れさせるもの」と絶賛している。

 本拠地開幕戦の初回、本拠地初打席でいきなり本塁打を放った大谷。この日も5回の第2打席にサイ・ヤング賞2度を誇るメジャー屈指の名投手クルーバーから同点2ランを放った。その驚異のバッティングにはかつての剛腕投手も惜しみない賛辞を贈った。

「(大谷が初本塁打を放った)トムリンはいいカーブを持っている。彼は同じ場所に投げ続けることができる。カウント2-2でオオタニはあのボールを狙う必要はなかったが……バン! ホームランだった。もしも、彼があのボールを打てると考えるとするなら、あまりに素晴らしい打者と言える」

 こう語ったのは、2008年にフィリーズでクローザーとしてワールドシリーズ制覇に貢献した名右腕ブラッド・リッジ氏。MLBネットワークラジオに出演したメジャー通算225セーブの実力者にとって、最も印象に残ったのは8回の第4打席だったという。中継ぎ右腕ザック・マカリスターの6球目、95マイル(約153キロ)のファストボールを打ち返したセンター前ヒットだ。

「最後のヒットは完璧なレーザーだった。あれはどんな投手をも死ぬほど恐れさせるものだ。バットから115マイル(実際には113マイル=約182キロ)ぐらいで飛び出してきたのだから」

 衝撃的なスピードでバットから飛び出した打球は、まさにレーザービームだった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」