野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 初黒星の田中将大がツイッターで吐露「フラストレーションの溜まる投球に…」

初黒星の田中将大がツイッターで吐露「フラストレーションの溜まる投球に…」

5日(日本時間6日)に本拠地でのオリオールズ戦で今季2度目の先発に臨み、6回1/3を6安打3失点(自責3)で黒星を喫したヤンキース田中将大投手。味方が先制した直後の7回に逆転2ランを浴びて敗戦投手となった右腕は、試合後に自身のツイッターを更新し「オリオールズ戦に登板してきました。今シーズン1敗目を喫してしまいました」と、この日の登板を報告した。

オリオールズ戦で力投を見せたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
オリオールズ戦で力投を見せたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

敗戦の中でも感覚に手応え「前回登板よりも良くなってきている」

 5日(日本時間6日)に本拠地でのオリオールズ戦で今季2度目の先発に臨み、6回1/3を6安打3失点(自責3)で黒星を喫したヤンキース田中将大投手。味方が先制した直後の7回に逆転2ランを浴びて敗戦投手となった右腕は、試合後に自身のツイッターを更新し「オリオールズ戦に登板してきました。今シーズン1敗目を喫してしまいました」と、この日の登板を報告した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 オリオールズ先発キャッシュナーとの投手戦となったこの日。互いにスコアボードに「0」を並べたが、ヤンキースは6回にジャッジが2戦連続アーチとなるソロ弾で先制。7回のマウンドに戻った田中は、虎の子の1点を守り抜きたいところだったが、先頭スクープに中前打、続くジョーンズに左中間へ逆転2ランを運ばれた。右腕は「大事な勝負所で抑える事が出来ずに結果的にフラストレーションの溜まる投球になりました」と率直な気持ちをツイッターで吐露している。

 だが、試合後にブーン監督が「回を追う毎にスプリットと速球はどんどんキレが増していった。今夜は全てがうまくいっているように見えた」と話した通り、田中自身も6回までの投球には手応えをつかんでいた様子。「投球の感触は前回登板よりも良くなってきているので、更に確率をしっかりと上げていきたいと思います」と次戦での活躍を誓った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」