野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・藤浪がノーヒットで先制点許す 四球→悪送球→暴投で1点献上

阪神の藤浪晋太郎投手が、波乱の立ち上がりとなった。6日、京セラドームで行われた中日戦。今季2度目の先発マウンドに上がった右腕が、いきなりノーヒットで先制点を奪われた。

阪神対中日の試合経過
阪神対中日の試合経過

1回裏に糸井の2ランで逆転成功

 阪神の藤浪晋太郎投手が、波乱の立ち上がりとなった。6日、京セラドームで行われた中日戦。今季2度目の先発マウンドに上がった右腕が、いきなりノーヒットで先制点を奪われた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 先頭の大島にフルカウントから四球を与えると、盗塁も決められて無死二塁に。続く京田の投前犠打は、自ら処理した藤浪が一塁へ悪送球。一、三塁とピンチを広げると、アルモンテの2球目で大きくバランスを崩し、三塁方向への大暴投。この間に三塁走者の大島が生還し、ノーヒットで先制点を奪われた。

 その後は落ち着きを取り戻した右腕。アルモンテは三塁へのフライ、ビシエドは二ゴロに打ち取って2死とすると、平田の右翼への飛球を糸井がスライディングキャッチ。味方の好守にも助けられ、最少失点で切り抜けた。

 その裏、阪神は1死一塁から糸井が2ランを放って、逆転に成功した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」