野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島が昨季CSで敗れたDeNAに快勝 緒方監督「集中力が途切れず、大したもんだ」

広島は6日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7対3で勝利した。先発の野村が8回3失点と好投し、打線は小刻みに効果的な得点と投打がかみ合った快勝だった。

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

先発の野村が8回3失点の好投、打線も自慢の1、2、3番が好調

 広島は6日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7対3で勝利した。先発の野村が8回3失点と好投し、打線は小刻みに効果的な得点と投打がかみ合った快勝だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「今日はまずバッテリー。(野村)祐輔とアツ(會澤)で、しっかり8回を投げ切ってくれた」と話を切り出した緒方監督は、「それを助けたのがセンターライン。しっかり守って、ピッチャーもリズムよく投げられた」とディフェンス面を先に評価した。

 初回こそ先制を許した野村も「ランナーが出ても、二遊間がしっかり守ってくれた」とコメントしたように、再三の好守で試合の流れを引き寄せた。

 鈴木誠也を欠きながら好調を維持する打撃陣には「神宮の試合もそうだったけど、連日、中盤に1点ずつ効果的に得点している。集中力が途切れず、大したもんだ」と評価。「全員が1打席をムダにしないようにやっている。それを一番実践しているのが1、2、3番」と、チームの根幹であるタナキクマルを賞賛。

 さらに2打点と活躍した今季初スタメンの堂林についても「今日のラッキーボーイ」と名前を挙げた。昨季、クライマックスシリーズで煮え湯を飲まされた相手との今季初戦での快勝に、指揮官の表情は終始明るかった。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」