野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・則本が1000奪三振、チームの連敗もストップ 「心配しないでください」

節目の数字にも淡々としていた。楽天の則本投手が6日のソフトバンク戦で史上147人目となる通算1000奪三振を達成。試合でも8回2失点と好投し、今季初勝利を挙げた。

楽天・則本昂大【画像:(C)PLM】
楽天・則本昂大【画像:(C)PLM】

3回2死一、二塁から内川を空振り三振、史上147人目の1000奪三振をマーク

 節目の数字にも淡々としていた。楽天の則本投手が6日のソフトバンク戦で史上147人目となる通算1000奪三振を達成。試合でも8回2失点と好投し、今季初勝利を挙げた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 気温7度の楽天生命パーク。吐く息も白い中、右腕が記録に達した。3回2死一、二塁、内川を空振り三振に切り、1000奪三振。「内川さんにはよくやられていたので、これからもしっかり抑えていきたい」。球界を代表する好打者からの節目の数字。その回、本多の犠飛で失点しており「1点取られていたので…。ゼロに抑えられたらよかったですが」と、笑顔も控えめに、内容を冷静に振り返った。

 チームは開幕戦の白星を最後に勝利がなく、5連敗中。だがこの日はエースの記録に花を添えようと、沈黙していた打線が目覚めた。初回1死一塁、ペゲーロの右翼への2ランで先制すると、3回2死一、三塁から今江、銀次の連続適時打で3得点。相手エースの千賀から序盤で5得点を奪った。終わってみれば14安打7得点。9回には5点リードの状況ながら抑えの松井が登板。開幕から2試合連続失点とつまずいていた守護神が3者凡退に切り、収穫の多い1戦となった。

 その中心にいたのは紛れもないエース。結局、則本は8回までマウンドを務めた。前回登板で150球を放り、この日も133球。だが8回に153キロの直球を見せるなど底知れぬスタミナを発揮。「自分が大丈夫なので行っている。心配しないでください」と、ヒーローインタビューでも笑みを見せた。

 ようやくつかんだチーム2勝目。開幕から負けなしの西武とはすでに4.5ゲームの差が開いてしまった。だが則本は前を向く。「なかなか勝てなくてすみませんでした。あしたからガンガン勝てるよう、一丸で頑張ります」。本拠地初勝利。まだまだ寒い仙台の、スタジアムの空気を熱くさせた。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」