野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト2年目中尾がプロ初勝利 バレンティン1発含む2安打4打点

ヤクルトは8日、本拠地での巨人戦に7-4で勝利した。先制したヤクルトは4回に同点に追いつかれるも、6回に廣岡の中犠飛で勝ち越し。7回にも2点を加え、2年目左腕の中尾にプロ初勝利がついた。

ヤクルト対巨人の試合結果
ヤクルト対巨人の試合結果

カラシティーは3セーブ目

 ヤクルトは8日、本拠地での巨人戦に7-4で勝利した。先制したヤクルトは4回に同点に追いつかれるも、6回に廣岡の中犠飛で勝ち越し。7回にも2点を加え、2年目左腕の中尾にプロ初勝利がついた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 初回、四球で出塁した山田が二盗→送りバントで三進すると、バレンティンの遊ゴロの間に先制ホームを踏む。同点に追いつかれた直後の3回、1死から四球を選んだ山田が再び二盗。西浦の左翼タイムリーで1点を加えると、続くバレンティンが左翼席中段に飛び込む2ランでリードを広げた。

 だが、4回に先発・山中が崩れて4点を失って同点。5回から中尾がマウンドに上がって無失点に抑えると、打線が奮起。6回に廣岡の中犠飛で1点、7回にバレンティンと田代のタイムリーで2点を加え、3点リードをつけた。9回はカラシティーが無失点に抑え、3セーブ目を挙げた。

 巨人は先発の野上が5回0/3を6安打5失点で移籍後初黒星を喫した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」