野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA今季初連勝! 筒香が1号含む2発5打点&2年目京山が6回途中零封で2勝目

DeNAが8日、敵地広島戦で5-3と勝利し、今季初の連勝をマークした。筒香が今季1号2ランを含む2打席連発で5打点と大暴れ。2年目の京山がプロ2勝目を挙げた。

DeNAが今季初の連勝を飾った
DeNAが今季初の連勝を飾った

広島は2連敗

 DeNAが8日、敵地広島戦で5-3と勝利し、今季初の連勝をマークした。筒香が今季1号2ランを含む2打席連発で5打点と大暴れ。2年目の京山がプロ2勝目を挙げた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 この日は広島・大瀬良、DeNA・京山ともに5回まで無失点の好投。そして迎えた6回、DeNAの主砲が均衡を破った。無死一塁の場面で1-0からの2球目を強振。ライトスタンドへ先制2ランを運び、開幕8試合目にして待望の1号を記録した。さらに7回1死二、三塁では3番手・九里からバックスクリーンへ2打席連発となる2号3ラン。リードを5点に広げた。

 1日のヤクルト戦で5回1失点の好投でプロ初登板初勝利を記録した京山はこの日も5回まで3安打無失点と好投。6回は1死から田中にヒットを浴び、2死一塁から丸に四球を与えたところで降板した。その後、2番手の砂田が後続を断ったが、7回に三上が2失点。8回にも井納が先頭の丸に4号ソロを被弾し、2点差に迫られたが、9回を守護神・山崎が無失点で締めて勝利した。

 京山は6回途中4安打無失点の好投で2連勝。チームも今季初の2連勝となった。一方の広島は終盤に追い上げたが、競り負けて2連敗となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」