野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、完全投球途切れる 7回初安打も先頭から19者連続斬り&毎回の12K

大谷翔平、完全投球途切れる 7回初安打も先頭から19者連続斬り&毎回の12K

エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、先頭から19者連続斬りという圧巻の投球を見せた。7回1死から初安打を浴びたが、7回まで12三振を奪う好投となっている。

本拠地での初先発に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地での初先発に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地アスレチックス戦でメジャー2度目のマウンドへ

 エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、先頭から19者連続斬りという圧巻の投球を見せた。7回1死から初安打を浴びたが、7回まで12三振を奪う好投となっている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 1番ジョイスをスプリットで空振り三振に仕留めると、2番セミエンは154キロのストレートで空振り三振。3番ラウリーはスプリットで3球三振と3者連続で空振り三振に仕留めた。

 2点の援護を受けた直後の2回は4番デービスを中直、5番オルソンをスプリットで空振り三振に仕留めると、前回登板で3ランを被弾した6番チャップマンは左飛に。さらに3回は7番ルクロイを156キロストレートで一邪飛、8番ピスコッティをスプリットで空振り三振、9番スモリンスキーをスプリットで空振り三振とした。

 エンゼルスは3回裏にトラウトのソロ弾でリードを3点に広げると、大谷は4回もジョイスを一ゴロ、セミエンを160キロのストレートで空振り三振、ラウリーを二ゴロで打ち取った。その裏、エンゼルスはさらに2点を加点し、5-0に。すると、大谷は5回、デービスを158キロのストレートで空振り三振、オルソンを159キロのストレートで空振り三振、チャップマンをスプリットで空振り三振と、圧巻の3者連続三振とした。

 6回もルクロイを右飛、ピスコッティを二ゴロに打ち取ると、スモリンスキーはスプリットで空振り三振に仕留めた。

 しかし7回、先頭のジョイスを遊直に打ち取った直後、セミエンに左安打を浴びた。これで完全投球が途切れた大谷はラウリーに四球で無死一、二塁としたが、デービスを投ゴロ、オルソンを三振に打ち取ってピンチを切り抜けた。

 大谷は7回まで毎回の12奪三振。最速は160キロとなっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」