野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「自然体で入れた」大谷、圧巻の19者連続斬り&7回1安打無失点12Kで2勝目

「自然体で入れた」大谷、圧巻の19者連続斬り&7回1安打無失点12Kで2勝目

エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、7回1安打1四球12奪三振無失点の好投で2勝目を手にした。先頭から19者連続斬り。7回1死で初安打を浴びたが、最後まで点を許さず、6-1の勝利に貢献した。試合後のテレビインタビューで「ひとまず勝ててよかった」と安堵の表情を浮かべた。

本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地初登板で2勝目「ひとまず勝ててよかった」

 エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、7回1安打1四球12奪三振無失点の好投で2勝目を手にした。先頭から19者連続斬り。7回1死で初安打を浴びたが、最後まで点を許さず、6-1の勝利に貢献した。試合後のテレビインタビューで「ひとまず勝ててよかった」と安堵の表情を浮かべた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この日は最速160キロ、7回まで毎回の12奪三振。三振はすべて空振りで奪った。隙を与えたのは7回だけ。19者連続でアウトを奪った直後、7回1死からセミエンに左前安打を浴びたが、この場面では4万人を超えるファンから拍手が沸き起こった。

 試合後、大谷は「ひとまず勝ててよかった」と話し、7回途中まで完全投球にも「特に意識せずに一人一人きっていければいいと思っていた」と冷静に振り返った。

 また、投球内容には「前回のようにストライク先行で行けたのでよかった」とし、「自然体に入れた。昨日負けてたので何とかカード勝ち越しできるようにいった」とチームの勝利を喜んでいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」