野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、記録ずくめの2勝目! 完売本拠地も熱狂、「オオタニ・コール」も

大谷翔平、記録ずくめの2勝目! 完売本拠地も熱狂、「オオタニ・コール」も

エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、7回1安打1四球12奪三振の好投でチームを6-1の勝利に導いた。二刀流右腕の2勝目は記録ずくめとなった。

本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7回1安打無失点12Kで2勝目

 エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、7回1安打1四球12奪三振の好投でチームを6-1の勝利に導いた。二刀流右腕の2勝目は記録ずくめとなった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この日は先頭から19者連続斬りという圧巻の投球。7回1死でセミエンにこの日の初安打を浴びたが、最後まで点を許さなかった。野手としても4試合で3試合連続本塁打、7打点、打率.389を記録。そして投手としても開幕から無傷の2勝目で、防御率2.08となった。

 球団発表によると、新人投手としてデビュー最初の2登板で計18奪三振はティム・フォーティグノと並びエンゼルス史上最多タイ。新人投手としてデビュー最初の2登板で7回1安打12奪三振はフアン・マリシャル、スティーブ・ウッドワードに続き大リーグ3人目。また新人投手としてデビュー最初の2試合のうち1試合で12奪三振はア・リーグで3人目(1992年フォーティグノ、1915年エルマー・マイヤーズ)となった。

 さらに開幕10試合で2勝以上、3本塁打以上は1919年のジム・ショー以来、99年ぶりの偉業。1シーズンで3試合連続本塁打、2桁奪三振は1916年のベーブ・ルース、1973年のケン・ブレットに続き3人目となっている。

 この日、完売となったエンゼルスタジアムも大谷の活躍に熱狂。試合後には「オオタニ・コール」も鳴り響いた。4万4742人の観客が詰めかけており、本拠地開幕戦を上回った。また1998年の球場改修以降のデイゲームでは最多となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」