野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【1軍をマクレ】9割9分反対されたプロの道… ロッテ育成出身22歳が“ポジティブ父”に恩返し

Full-Countでは1軍に割って入ろうと奮闘するロッテ若手スターを定期的にご紹介していく。記念すべき第1回は、2013年に育成1位で入団し、翌年には支配下契約を勝ち取った5年目・肘井竜蔵外野手だ。

インタビューに応じたロッテ・肘井竜蔵【写真:佐藤直子】
インタビューに応じたロッテ・肘井竜蔵【写真:佐藤直子】

外野で1軍定着を狙う22歳「最大の敵は自分」

 昨季限りで現役を退いた井口資仁新監督を迎え、新たなスタイルで優勝を目指すロッテ。「走塁改革」をキーポイントとし、1つ先の塁を狙う攻撃的な野球で貪欲に勝利を狙う。開幕戦には21年ぶりに2人のルーキー、菅野剛士外野手と藤岡裕大内野手がスタメンに名を連ねるなど、若手も積極的に起用。そこで今季、Full-Countでは1軍に割って入ろうと奮闘するロッテ若手スターを定期的にご紹介していく。記念すべき第1回は、2013年に育成1位で入団し、翌年には支配下契約を勝ち取った5年目・肘井竜蔵外野手だ。

――――――――――――――

 ロッテの外野手争いは熾烈を極める。現在1軍にいる荻野、清田、岡田、菅野に加え、加藤、伊志嶺、三家、ペゲーロ、そして故障で離脱中の角中。厚い壁を乗り越えて、1軍昇格→定着を狙うのが22歳の肘井だ。

「元々、外野にコンバートされた時も争いは熾烈だったので、今に始まったことじゃない。自分がやるべきことをきっちりやっていればチャンスは来ると思います。もちろん周りの選手はライバルなんですけど、最大の敵は自分なんじゃないかなって。

 対戦するのは他の野手じゃなくて、相手のピッチャー。自分が相手ピッチャーと対戦して、それを周りが評価してくれる。他の野手が打つか打たないかは気にせず、自分がどうするか。チャンスは自分で掴みにいくものですけど、掴むためにも自分のことをしっかりしようという感覚です」

 捕手としてドラフトされたが、出場機会を増やしながら「僕の長所」という打撃を伸ばすために1年目から主に外野手として出場。2016年に外野手登録に変更された。「試合に出てなんぼの世界。育成だったので、とにかく試合に出たい。やっぱりそこが大きかったですね」と振り返る。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬