野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

肘手術のホークス二保が922日ぶりの1軍マウンドも…1/3回で1失点

10日、ソフトバンクの二保旭が日本ハム戦の7回に登板。2015年10月1日以来、922日ぶりとなる1軍マウンドは、いきなり三塁打とヒットで1点を失うほろ苦い結果。続く打者に犠打を許して1死を取ったところで交代となった。チームは1-4で敗れた。

ソフトバンク・二保旭【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・二保旭【写真:藤浦一都】

リハビリを共にした松坂については「励みになるが立場が違う」

 10日、ソフトバンクの二保旭が日本ハム戦の7回に登板。2015年10月1日以来、922日ぶりとなる1軍マウンドは、いきなり三塁打とヒットで1点を失うほろ苦い結果。続く打者に犠打を許して1死を取ったところで交代となった。チームは1-4で敗れた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2008年に育成選手として入団した二保は2012年7月に支配下登録。その年は2軍で11勝0敗の成績を挙げて最多勝利と最高勝率のタイトルを獲得した。2015年にはプロ入り初勝利を含む6勝をマークしたが、2016年に右肘を痛め、同年4月にトミー・ジョン手術。そこから長いリハビリ生活に入った。公式戦の復帰は2017年6月2日の2軍戦。そして10日、922日ぶりとなる1軍マウンドに上がった。

 1軍に登録されたのは7日。仙台での楽天戦でも「ブルペンで肩を作っていた」というが出番はなく、2年半ぶりのヤフオクドームに戻ってきた。二保は練習前にマウンド近くに行き、捕手役の石川柊太にサインを出してもらって見え方を確認。二保の「(ヤフオクドームの)照明の具合とかも変わっているんで」という言葉が、長いブランクを物語っていた。

 2016年のリハビリ期間中は、松坂大輔がよく声をかけてくれたという。その松坂は5日に新天地の中日で1軍先発登板を果たした。「もちろん励みになりますが、立場が違うんで。ボクはとにかくまた1からのスタートです」と二保。2年半ぶりの復活マウンドは結果を出せずに終わったが、長いリハビリを支えてくれた人たちのために、もう一度輝きを取り戻したい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」