野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス東浜、7回3失点の粘投も2敗目 138球に「投げてなんぼですから」

10日の日本ハム戦で7回138球の粘投を見せたソフトバンクの東浜巨投手。序盤から制球に苦しみながらも、何とか試合を作っていったが、6回に清水優心に浴びた一発を猛省した。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

2被弾を悔やむ「清水君のが一番痛かった」

 10日の日本ハム戦で7回138球の粘投を見せたソフトバンクの東浜巨投手。序盤から制球に苦しみながらも、何とか試合を作っていったが、6回に清水優心に浴びた一発を猛省した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 立ち上がりから明らかにストレートが抜けていた。それでも東浜は変化球を中心に組み立てながら、どうにか粘りを見せていた。5回を終えた時点でちょうど100球。6回には111球目を清水にライトのホームランテラスへと運ばれ、7回には135球目を中田翔にレフトスタンドへともっていかれた。

「清水君のが一番痛かった」という東浜。中田に浴びた一発については「攻めていった中でのボクの失投。それはボクの中では解決できるが、(清水への失投は)迷いながら投げてしまった」と2点目の被弾を悔やんだ。

 すでに120球を超えていながら7回のマウンドに上がったことについては「ボクも行く気でいたし、行ってくれといわれた。そうやってイニングを任せてもらうというのは、そこに応えなきゃというのはある」という。工藤公康監督が「マウンドの中でつかむものがある」と語ったことについて「ボクとしても投げていく中で修正しながら(できた)という点はプラスに捉えたい」と前を向いた。

 今シーズンの目標に200イニング登板を掲げる東浜にとって、どんなに球数がいこうとも7回というのは最低ラインでもあるのだろう。

「なかなか結果がついてこなくて苦しいところはあるが、自分で決めたからにはやっていかないと。そういう試合が増えていけばいいし、投げてなんぼですから」

 次回の登板予定は今季初の6連戦の頭。先発陣も中継ぎ陣も苦しい中で何をなすべきかは、東浜自身が一番理解しているはずだ。そこにチームの勝ち星が伴うように、この日の反省をしっかりと生かしていきたい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」