野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム清水が早くも3発目、リーグ2位タイも…上沢の勝利が「1番嬉しい」

またアーチをかけた。はや3本目だ。日本ハムの清水優心捕手が値千金の一発を放った。10日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。1点リードの6回に、21歳の若き捕手がリードを拡大する価値あるソロ本塁打を放った。

日本ハム・清水優心【写真:荒川祐史】
日本ハム・清水優心【写真:荒川祐史】

昨年まで1本塁打の21歳が貴重な一発「あの1点が大きかったと思います」

 またアーチをかけた。はや3本目だ。日本ハムの清水優心捕手が値千金の一発を放った。10日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。1点リードの6回に、21歳の若き捕手がリードを拡大する価値あるソロ本塁打を放った。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この回1死で打席に立った清水。カウント2ボール2ストライクからの5球目だった。ソフトバンク先発の東浜巨が投じた外角の真っ直ぐを捉えた。敵地に快音を響かせた打球は逆方向の右翼へと高々と舞い上がると、ホームランテラス席へと飛び込んでいった。リードを2点に広げるソロ。「1-0で上沢さんが頑張っていたので、なんとかもう1点と思っていた。ホームランになってよかったです。守備をやっていても、あの1点が大きかったと思います」と語った。

 2014年のドラフト2位で九州国際大付高から日本ハムに入団した清水。高校通算35本塁打とパンチ力は高く評価されていたものの、昨季までの通算本塁打は1本だけだった。4月7日のロッテ戦で今季初本塁打を含む自身初の1試合2本塁打を放ち、この日の一発で早くも3本目。4本塁打のオリックス・マレーロに次ぎ、西武・山川、オリックス・吉田正、チームメートのレアード、中田と並み居る強打者に混じって2位タイにつけている。

 とはいえ、本人にはホームランへの意識はない。「たまたまだと思っています。意識はしていません。たまたま出たとしか思っていないので」と言い、自身の本塁打以上に喜んだのが、先発して7回1失点と好投した上沢直之投手の今季初勝利。「しっかりと上沢さんに勝ちをつけられたことが1番嬉しい」と表情を綻ばせた。

 ヒーローインタビューで右腕から「いいリードをしてくれたおかげでこういう展開になった」と感謝された清水だが、「ナオさんがしっかり投げてくれた。あんなにビタビタ投げられるピッチャーはそうはいない。投げてくれた結果なので、ナオさんに感謝したい」とした。大野奨太がFAで中日へと移籍して迎えた今季。新たな扇の要の候補として、清水が存在感を際立たせている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」