野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 空振り率70.3%…大谷のスプリットに賛辞やまず「MLBで最もえげつない球」

空振り率70.3%…大谷のスプリットに賛辞やまず「MLBで最もえげつない球」

エンゼルスの大谷翔平は15日(日本時間16日)の敵地ロイヤルズ戦で今季3度目の先発マウンドに上がることが決まった。9日(日本時間10日)には、日本人メジャーリーガーとして最速&最年少でア・リーグ週間MVPに選出されるなど、投打で圧巻の活躍を続ける二刀流。

エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

本拠地アスレチックス戦では12K、スプリットは「彼を真に偉大たらしめるもの」

 エンゼルスの大谷翔平は15日(日本時間16日)の敵地ロイヤルズ戦で今季3度目の先発マウンドに上がることが決まった。9日(日本時間10日)には、日本人メジャーリーガーとして最速&最年少でア・リーグ週間MVPに選出されるなど、投打で圧巻の活躍を続ける二刀流。米メディアは、前回登板の8日(日本時間9日)本拠地アスレチックス戦で三振の山を築いた宝刀スプリットに注目し、「ショウヘイ・オオタニを真に偉大たらしめるもの」と称賛している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 本拠地アスレチックス戦では満員のエンゼルスタジアムで待望の初登板を果たした大谷は、7回途中まで打者19人を連続で凡退に抑える圧巻のピッチングを披露。7回1安打無失点で2連勝を飾った。この試合では12三振を奪ったが、米スポーツネットワーク「ESPN」の電子版コラムメディア「FiveThirtyEight」では改めて投球内容を振り返り、「ショウヘイ・オオタニのスプリッターこそが彼を真に偉大たらしめるもの」と特集している。

 記事では、今季規定投球回に達した投手の中で、大谷の空振り率がリーグトップであることを紹介。また、ファストボールの平均球速は3位で、4位の奪三振率、17番目に低い与四球率をマークしているという。その上で、日曜日のマウンドで冴え渡った大谷の“切り札”に注目。「特にオオタニのスプリットは今シーズン、ここまでのメジャーで最もえげつないボールかもしれない」と称賛している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」