野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

球団最多出場記録を更新 ロッテ一筋25年、福浦和也の衰えない打撃技術

ロッテの福浦和也内野手は4月10日のZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦に「7番・DH」で先発出場した。この試合で通算出場試合数を2162試合とし、榎本喜八を抜いて球団史上最多出場選手となった。

ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】
ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】

通算出場試合数を2162試合とし、榎本喜八を抜いて球団史上最多に

 ロッテの福浦和也内野手は4月10日のZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦に「7番・DH」で先発出場した。この試合で通算出場試合数を2162試合とし、榎本喜八を抜いて球団史上最多出場選手となった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

ロッテ(毎日、大毎、東京時代含む)の出場試合数10傑 ※は現役

福浦和也 2162試合(1997年~2018年)※
榎本喜八 2161試合(1955年~1971年)
堀幸一 2064試合(1989年~2009年)
有藤通世 2063試合(1969年~1986年)
醍醐猛夫 1775試合(1957年~1974年)
サブロー 1734試合(1995年~2011年、2012~2016年)
初芝清 1732試合(1989年~2005年)
山崎裕之 1577試合(1965年~1978年)
西村徳文 1433試合(1982年~1997年)
今江敏晃 1411試合(2002年~2015年)※楽天

 出場試合数10傑のうち、福浦、堀、有藤、初芝、西村の5人がフランチャイズプレイヤー。ロッテは長くチームにとどまって活躍する選手が多い。また醍醐とサブローを除く8選手が内野手なのも特徴的だ。

 福浦は千葉県習志野市出身、習志野市立習志野高校から1993年ドラフト7位でロッテに入団。ロッテは1992年から本拠地を千葉に移転したが、千葉県出身で地元の高校に通い、そのまま千葉の球団に入団した生粋の生え抜き選手だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」