野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

牧田、大ピンチで好救援 敵地も独特投法に注目「最も低いリリースポイント」

10日(日本時間11日)の敵地ロッキーズ戦で好救援を見せ、メジャー初ホールドを記録したパドレス牧田和久投手。敵地でもその独特な投法に大きな注目が寄せられた。

好救援をみせたパドレス・牧田和久【写真:Getty Images】
好救援をみせたパドレス・牧田和久【写真:Getty Images】

メジャー初ホールドを挙げたパドレス牧田

 10日(日本時間11日)の敵地ロッキーズ戦で好救援を見せ、メジャー初ホールドを記録したパドレス牧田和久投手。敵地でもその独特な投法に大きな注目が寄せられた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 完璧な火消しだった。3点リードの7回。それまで2失点と力投を見せていた先発ルケシーが三塁打と四球で無死一、三塁のピンチを招いた。牧田はこの窮地でマウンドに上がると、デズモンドを右飛、パーラを80マイル(約129キロ)の速球で空振り三振、バライカを一邪飛に打ち取って無失点で切り抜けた。

 チームはそのままリードを守り、5-2で勝利。これで3試合連続無失点の牧田はメジャー5試合目の登板で初ホールドを記録し、防御率は1.80となった。

 この日、敵地で試合を中継した米メディア「AT&Tスポーツネット」も、打者を幻惑する独特なサブマリン投法に注目。ロッキーズのOBで西武でもプレーしたライアン・スピルボーグス氏が「マキタのボールはメジャーで最も低いリリースポイントなのです。地面から1.87フィート(約57センチ)になります」と解説すると、実況のジェフ・ヒューソン氏は「彼を周りと明らかに違う投手にしているのは、これによるものなのです」とレポート。ヒューソン氏は「マキタのボールは浮き上がっているように見えますね。打者にボールが迫ってくるようです」とその投法に驚きの声を上げていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」