野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテが好調西武に2連勝、二木が今季初勝利 新人菅野が逆転3点三塁打

ロッテは11日、本拠地での西武戦に6-3で勝利した。風速19メートルの強風が吹きつける中でも、投打のかみ合った試合展開で、開幕8連勝と好スタートを切っていた西武から2連勝を飾った。

フェンス直撃の適時打を放ったロッテ・菅野剛士【写真:荒川祐史】
フェンス直撃の適時打を放ったロッテ・菅野剛士【写真:荒川祐史】

強風にめげず先発二木が7回途中2失点の力投披露

 ロッテは11日、本拠地での西武戦に6-3で勝利した。風速19メートルの強風が吹きつける中でも、投打のかみ合った試合展開で、開幕8連勝と好スタートを切っていた西武から2連勝を飾った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回、先発・二木が1死から源田に四球から二盗を許すと、浅村と山川の連続タイムリーで2点を先制された。だが、直後の攻撃で打線が奮起。先頭の荻野貴が四球、1死から中村の中前打、井上の四球で満塁の好機を作る。鈴木は二飛に倒れたが、続くルーキー菅野が走者一掃の右翼フェンス直撃三塁打で逆転に成功した。

 3回には2死二塁から福浦の左翼タイムリー二塁打で1点を追加した。6回には先頭・清田が左翼二塁打で出塁すると1死後に荻野の適時打で5点目。なおも1死一、三塁で中村が右翼へ犠飛を放つと、三塁走者の荻野が本塁を目指したが、右翼・外崎からの返球とほぼ同着。球審はアウトと判定したが、井口監督がリクエストを要求すると判定は覆り、6点目が認められた。

 二木は2回からカーブを生かした投球で、走者を背負いながらも無失点。6回2/3を8安打5奪三振2四球2失点(自責2)の力投で、今季初勝利を飾った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」