野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム、投手陣が崩れて8失点完敗 栗山監督「こっちの責任。監督がヘボい」

日本ハムは投手陣が崩れて連勝を逃した。11日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。先発の高梨裕稔が2回までに6点を失って劣勢に立たされ、5-8で敗戦。試合後、栗山英樹監督は「投手がいい時、悪い時はある。そういうことじゃなくてみんなでいって取れなかったというのは、こっちの責任。監督がヘボいからこうなっている。明日はしっかりやります」と語った。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

先発の高梨が初回に4点を失うなど、6失点KO

 日本ハムは投手陣が崩れて連勝を逃した。11日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。先発の高梨裕稔が2回までに6点を失って劣勢に立たされ、5-8で敗戦。試合後、栗山英樹監督は「投手がいい時、悪い時はある。そういうことじゃなくてみんなでいって取れなかったというのは、こっちの責任。監督がヘボいからこうなっている。明日はしっかりやります」と語った。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 右腕は初回、本多の左中間を破る二塁打、上林の右中間を破る適時三塁打であっさりと先制点を奪われた。さらに内川に右前適時打を許して2点目を与え、デスパイネには2戦連発の2ランを被弾。いきなり4点を失った。

 2回には今宮、甲斐に2者連続でソロ本塁打を浴びて計6失点。右腕は4回途中でノックアウトされた。さらに2番手の上原健太が5回に4つの四球を与える大荒れの投球。2つの押し出しで2点をプレゼントした。味方打線が小刻みに得点し、最終的に5点を挙げただけに、もったいない失点が響いた。

 指揮官は「誰がどうのこうのじゃなく、最後まで勝ちにいったけど、いききれなかった」とし、投手陣を責めることはせず。「ベンチも声は出ていたし、ホークスにしがみつこうというのがあった。もう少し違う展開に持っていけたと思うし、そういう展開にしたかった」と話していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」