野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、5回6失点も味方の大量援護で2勝目 Rソックスは連勝9でストップ

田中将大、5回6失点も味方の大量援護で2勝目 Rソックスは連勝9でストップ

ヤンキースの田中将大投手が11日(日本時間12日)、敵地フェンウェイ・パークで行われたレッドソックス戦に先発登板し、5回6失点を喫したものの、味方の大量援護で2勝目(1敗)を挙げた。10-7で勝利したヤンキースは連敗を2でストップ。一方、開幕戦黒星から怒涛の9連勝を見せていたレッドソックスは今季2敗目を喫した。

レッドソックス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
レッドソックス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

初回にソロ弾、5回に満塁弾浴びる

 ヤンキースの田中将大投手が11日(日本時間12日)、敵地フェンウェイ・パークで行われたレッドソックス戦に先発登板し、5回6失点を喫したものの、味方の大量援護で2勝目(1敗)を挙げた。10-7で勝利したヤンキースは連敗を2でストップ。一方、開幕戦黒星から怒涛の9連勝を見せていたレッドソックスは今季2敗目を喫した。

【PR】大谷翔平が復帰! 「DAZN」ならMLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 先手を取ったのはヤンキースだった。初回、相手先発の左腕プライスを攻略し、スタントンの2点三塁打、サンチェスの2ランで4点を先制。この回でプライスは降板となった。しかし、田中も初回につかまる。2死から3番ラミレスに左翼へ強烈なソロ弾を被弾。今季3試合連続の被弾で、これが自身メジャーで喫した100本目の本塁打となった。

 その後もヒットと四球で2死一、二塁のピンチを迎えたものの、ここはヌネスを空振り三振に仕留めると、2回以降は3イニング連続で3者凡退に仕留める好投を見せた。

 しかし打線の大量援護で8-1で迎えた5回だった。先頭のブラッドリーに中前安打を浴びると、1死からホルトにも左翼へ安打で1死一、二塁。ここでベッツに左翼へ適時打を浴びると、2死満塁となった場面でマルティネスにセンターへ満塁弾を被弾。点差を一気に2点差に縮められた。

 その後もモアランドに二塁打を浴びたものの、何とか後続を断ってリードを死守した田中はこの回限りで降板。ヤンキースはその後も加点すると、7回には乱闘騒ぎも起こる中、リードを守って勝利。田中は今季2勝目を手にした。

 田中はこの日5回83球を投げ、7安打2四球3奪三振6失点。2勝1敗、防御率5.19となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」