野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の「オバマ」が覚醒? 5年目迎えたドラ1右腕を変えた仲間の言葉とは

日に日に、その評価が高まってきている。期待されながらも、鳴かず飛ばずの日々が続いた4年間。雌伏の時を経て、5年目となった2018年。遅れてきたドラフト1位が、いま1軍の戦力として定着しつつある。

ソフトバンク・加治屋蓮【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・加治屋蓮【写真:荒川祐史】

2013年のドラフト1位でJR九州からホークスに入団した加治屋蓮

 日に日に、その評価が高まってきている。期待されながらも、鳴かず飛ばずの日々が続いた4年間。雌伏の時を経て、5年目となった2018年。遅れてきたドラフト1位が、いま1軍の戦力として定着しつつある。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2年連続の日本一を目指すソフトバンクホークスの加治屋蓮投手だ。2013年のドラフト会議。松井裕樹、杉浦稔大を外し、いわゆる“外れ外れ”1位で、JR九州からソフトバンクへと入団した右腕である。

 アメリカ合衆国前大統領のバラク・オバマ氏に似ていることから入団当初に「オバマ」の愛称で注目もされた加治屋だったが、1年目の2014年は右肩痛の影響もあって2軍でも1試合に投げたのみ。3年目の2016年に1軍デビューを果たしたものの、この年も2試合2イニングに投げただけだった。昨季も1軍登板は2試合だけ。正直なところ“期待はずれ”に終わった4年間だった。

 それが、5年目の今季はどうだ。キャンプ、オープン戦のアピールが実り、初の開幕1軍入り。3月31日のオリックス戦(ヤフオクD)で今季初登板し、2イニングをパーフェクト。4月3日の西武戦(メットライフD)で1失点したものの、その後の4試合は無失点投球を続けている。

 4月12日の日本ハム戦(ヤフオクD)では3点リードの8回1死で嘉弥真新也からバトンを受け取ってマウンドに上がり、大田泰示を見逃し三振に切った。3点差の勝ちゲーム。これまでなら森唯斗(もちろん岩嵜翔が万全なら岩嵜だが…)が出てくる状況であったが、森が2試合連続で複数失点を喫していたこともあって、工藤公康監督は加治屋の起用に踏み切った。確実にチーム内での評価が高まり、立ち位置が変わり始めていることを伺わせた。ここまで11試合で6試合の登板はモイネロと並びチーム最多タイだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」