野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人打線が初回に大爆発 マギー適時打、岡本&中井の本塁打で一挙に5点で逆転

巨人打線が初回から大爆発した。13日、本拠地の東京ドームで行われた広島戦。初回、先発の菅野智之投手が先制点を奪われたが、その直後に打線が2本塁打などで一挙に5得点をあげた。

巨人対広島の試合経過
巨人対広島の試合経過

岡本は今季3号2ラン、中井は今季初本塁打

 巨人打線が初回から大爆発した。13日、本拠地の東京ドームで行われた広島戦。初回、先発の菅野智之投手が先制点を奪われたが、その直後に打線が2本塁打などで一挙に5得点をあげた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 先制点を許した菅野を、打線が強力に援護した。先頭の坂本が中堅フェンス直撃の三塁打で出塁すると、吉川尚の一ゴロを安倍がエラーし、まず同点。1死三塁からマギーが中前適時打を放って逆転に成功した。

 さらに続く岡本が今季3号2ランを左翼席に突き刺すと、2死となってから中井が今季1号ソロ。広島の開幕投手を務めた野村から、いきなり2本塁打を浴びせて5点を挙げ、試合をひっくり返した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」