野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、岡本和真が死球で途中交代 一度はプレー続行も、6回の守備から交代

巨人の岡本和真内野手がアクシデントに襲われた。13日、東京ドームでの広島戦。第1打席で2ランを放っていた岡本は、5回の打席で右手に死球を受け、途中交代となった。

巨人対広島の試合経過
巨人対広島の試合経過

初回の打席で2ランを放っていた

 巨人の岡本和真内野手がアクシデントに襲われた。13日、東京ドームでの広島戦。第1打席で2ランを放っていた岡本は、5回の打席で右手に死球を受け、途中交代となった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この回2死走者なしで打席に立った岡本。2ボール2ストライクからの5球目、広島先発の野村が投じた内角高めの真っ直ぐだった。スイングしかけた岡本の右手に、投球が直撃する死球に。岡本は一度、ベンチに下がったが、ここでは交代せずに再び姿を見せた。

 だが、亀井の遊ゴロでこの回が終わると、高橋由伸監督は守備の交代を告げた。岡本に代わって立岡が中堅に入り、中堅の中井が一塁へ回った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」