野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス西、開幕から3試合連続QSも勝ち星つかず 7回途中2失点で降板

オリックスの西勇輝投手が14日、ほっともっと神戸で行われた日本ハム戦に先発。開幕投手を務めここまで2連敗中だった右腕は6回2/3、7安打2失点で降板となった。

試合は日本ハムが2点リードのまま終盤へ
試合は日本ハムが2点リードのまま終盤へ

3試合で援護点はわずか1点、この日も打線の援護なく…

 オリックスの西勇輝投手が14日、ほっともっと神戸で行われた日本ハム戦に先発。開幕投手を務めここまで2連敗中だった右腕は6回2/3、7安打2失点で降板となった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 序盤は走者を許しながらも決定打を許さなかった西。だが、両チーム無得点で迎えた4回につかまった。先頭の近藤に四球を与え中田の中前打で無死一、三塁のピンチを迎えると、続くレアードの中犠飛で先制を許す。

 それでも粘り強い投球を続け6回まで1失点の好投。打線の援護なく迎えた7回。先頭の大田に右前打を許すと、清水の犠打で1死二塁。中島卓を空振り三振に抑え2死を奪ったが、続く西川に甘く入った変化球を右翼線に運ばれ1点を失い、ここで降板。2番手には吉田一がマウンドに上がった。

 今季は開幕投手を務め、この試合を含め3試合連続でQS(クオリティースタート)を達成していたが、3試合で援護点はわずか1点のみ。好投を続ける右腕だが、打線の援護なく勝ち星がついてこない状況だ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」