野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム・清宮は4打席ノーヒット 復帰後初のフル出場も初安打はお預け

日本ハムの清宮幸太郎内野手の公式戦初安打はまたもお預けとなった。14日、鎌ヶ谷スタジアムで行われたファーム交流戦の阪神戦に「3番・一塁」で先発出場。復帰後初めてフル出場を果たしたが、この日は4打席ノーヒットに終わった。

4打数ノーヒットに終わった日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】
4打数ノーヒットに終わった日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

4打席に立ったが、一ゴロ、中飛、一ゴロ、中飛に終わる

 日本ハムの清宮幸太郎内野手の公式戦初安打はまたもお預けとなった。14日、鎌ヶ谷スタジアムで行われたファーム交流戦の阪神戦に「3番・一塁」で先発出場。復帰後初めてフル出場を果たしたが、この日は4打席ノーヒットに終わった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 まず、阪神先発の期待の右腕・才木との対戦となった清宮。1回の第1打席はストレート2球に空振りして追い込まれると、3球目で一ゴロに倒れた。2打席目は1ボールからの2球目を打って中飛。6回1死一塁で迎えた第3打席も一ゴロに倒れると、8回の先頭打者として立った第4打席も中飛に終わった。

 限局性腹膜炎での入院などで離脱していた清宮。実戦復帰後も制限付きの出場が続いていた。この日から制限が解かれたものの、初安打は放てなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」