野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス7回途中2失点の西を見殺し… 福良監督「早めに点とってあげないと」

オリックスは14日、ほっと神戸で行われた日本ハム戦に1-2で敗れた。先発の西勇輝投手が7回途中2失点の好投を見せたが、打線の援護なく3敗目を喫した。

オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】

開幕から3試合連続QS(クオリティースタート)記録も援護なく

 オリックスは14日、ほっと神戸で行われた日本ハム戦に1-2で敗れた。先発の西勇輝投手が7回途中2失点の好投を見せたが、打線の援護なく3敗目を喫した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季、自身初の開幕投手を務め好投を続けていた右腕はこの日も、援護なく敗戦投手となった。序盤は走者を許しながらも決定打を許さなかったが、両チーム無得点で迎えた4回につかまった。先頭の近藤に四球を与え中田の中前打で無死一、三塁のピンチを迎えると、続くレアードの中犠飛で先制を許した。

 だが、粘り強い投球を続け6回まで1失点の好投を見せたが7回に力尽きた。2死二塁から西川に甘く入った変化球を右翼線に運ばれ1点を失い降板。6回2/3、7安打2失点ながら開幕から3連敗。この試合を含め3試合連続でQSを達成したが、西が投げた3試合の援護点はわずか1点のみ。

「相手投手がよかっただけに、何とか粘りたかったです」

 好投を続けてもチーム、そして自身の勝ちに結びつかない状況に西の言葉も少なかった。

 今季、西をチームの柱として開幕投手に任命した福良監督は「試合前のコーチミーティングでも『早めに点を取ってあげないと』と言ってたんですが。西は良く投げている」とコメント。この日は楽天も敗れ最下位転落は逃れたもののゲーム差は0.5のまま。一刻も早く打線の復調が待たれる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」